キャストオーディションを終えて。

急に冷えて来ましたね。

新宿には早くもハロウィン仮装の人がちらほらと。

さてさて今週のクリム=カルムは上演台本会議。

配役やストーリーが見たこと無いことになってきました(o゚◇゚)ゝ

こんなに辻褄が合うんだ~なんてことに、まずは俳優さんからなってもらいます(^ー^* )


年月の洗礼を受けてきた古典作品には、同じく時を経た研究書・批評書があります。

わたしたちはその中でも批判的な立場の意見を参考にします。

今回はシェイクスピアを上演するにあたり、トルストイのシェイクスピア論を参考にしています。

なかば神格化されているシェイクスピア、偉大な作家トルストイ。

二人の価値観はぶつかり合っていますが、わたしたちは思うんです。


両方合わせたら最高の作品が出来るのでは!?


敬愛する先人たちが残してくれたものを活かしていく、それがクリム=カルムに出来ること、したいことなのです。

ですからクリム=カルムが上演する作品は、前代未聞の新作ではなく、由緒正しく当時のまま再現することもありません。

でもだからこそ、いまを生きているわたしたちにフィットした作品になるのです。


観劇するお一人お一人に似合った作品を創ることがクリム=カルムの幸せなのです。

- théâtrale du crime=calme -

クリム=カルム - théâtrale du crime=calme -

「かわいい」×「古典」をコンセプトに新宿発の舞台芸術作品を創るクリエイションチーム、クリム=カルムの公式ホームページです。