RJD稽古一週目

本稽古がスタートして一週間が過ぎました。

ロミオとジュリエットは全五幕構成、その一幕を終えました。

会場の実寸や物語の全体像を確認し、シーンの状況を体感していきました。

さてさて。

演劇の舞台稽古は一ヶ月半くらいが普通なんですが、クリム=カルム「ロミオとジュリエット=断罪」はなんと約三ヶ月の稽古期間があります!

長いですね~。

でも実際に稽古場に集まる総時間は他団体よりも少ないのです。

半分以下!


その秘密は、稽古初日に上演台本が完成していて、俳優がセリフをすべて覚えてくるからなんです。

ご存じない方は驚くでしょうが、これって演劇界では稀なことなんです!


本番直前にやっと仕上がる台本、本番直前にようやくセリフを覚える俳優。

それに合わせて本番前一~二週間は連日朝夜稽古・・・



もしも稽古初日に台本もセリフも完璧だったら?

もっともっと素敵な作品が出来そうですよね。

それがお客様への誠意だとわたしたちは考えています。

当たり前のことを当たり前にやる。


劇作家は稽古前に戯曲を仕上げて当たり前。

俳優は演技が出来て当たり前。

さらに!

全員がディレクターの視点を持ってものづくりをする、それがクリム=カルムの稽古場です。

演技のことだけでなく、コンテンツなどのアイディアもディスカッションするので、対話が重要。

もちろん考える時間も。

そこで各アーティスト・クリエーターの思案する期間は長めに、集合する日数は少なめに設定しているのです!


観に来てくれる人をもっと楽しませたい!

いろんなサプライズを用意してお待ちしてますよ(*^^*)

やりたいこと・やったらもっと良くなることを出来る現場であり続けたい、クリム=カルムでした♪


「RJD」上演をお楽しみに!

クリム=カルム - théâtrale du crime=calme -

「かわいい」×「古典」をコンセプトに新宿発の舞台芸術作品を創るクリエイションチーム、クリム=カルムの公式ホームページです。