RJD稽古四週目

先日積もった雪も溶け、気温も上がってきました。

春の予感をそわそわと感じる新宿でございます。


クリム=カルム「ロミオとジュリエット=断罪」稽古も順調!

と演出部は思っているのですが、俳優は苦労しているようです。


今週は通しで見つけた課題をクリアしていくために様々なワークを行いました。

シーンの稽古もしますが、もっと根本的な部分、

演技ってなんだろう?

お芝居ってなんだろう?

演劇ってなあに?

というところにじっと目を向け、ディスカッションしてみました。


みんなそれぞれの答えを見つけたようです。

演技とは、今まさに本当の出来事であるかのように振る舞うこと。

だと私は考えています。

それが影響しあってシーンが成り立ち、観客が目撃する。


そのためにもっとも必要なものは、表現したいという欲を捨てることではないでしょうか。

プレーンな状態からはじまって、さまざまな影響を受け続けることで、世界が鮮やかに彩られていく。

表現とはその結果に過ぎず、決して結果を表現しようとしてはいけないのです。

なんだか思考が絡まってしまいますね。

ざっくりいえば、過程が大事みたいなことでしょうか^^;


そのためにいろーんな技術や理論がありますが、観客にはそれと知られず、

「あ、おもしろい」ってシンプルに思われたらいいなぁ、なんて思っています。

紐解いていくと実はすごいことをしていたんだなと。

そんな舞台芸術を創っていきたいのです。

旗揚げ公演、つまり初めての創作・上演になるので実はドキドキ止まらないのですが、

観に来て、支えてもらえたら嬉しいです。

会場でお待ちしています。


新宿から世界へ。

クリム=カルム - théâtrale du crime=calme -

「かわいい」×「古典」をコンセプトに新宿発の舞台芸術作品を創るクリエイションチーム、クリム=カルムの公式ホームページです。