「群盗=滅罪」終演しました!

昨夜、初の下北沢公演は大盛況の内に幕を閉じました。
ご来場の皆さま本当にありがとうございました!
後日談などを紡いで行きますのでお付き合い頂ければ幸いです。

本公演はすごく大勢の方々にご協力頂いた上演でした。まずはお客様。演劇公演の多くはチケット受付などで手間取り開演が遅れてしまいます。ところが、クリム=カルムにいらっしゃる方々は毎公演皆さまお時間にゆとりを持ってお越し下さいますのです常に定刻開演が実現しております。
観劇の注意事項につきましても最低限のご案内のみですが、取り立ててトラブルも起きず無事に上演出来ています。
本当にありがとうございます。
↓こんな素敵なプレゼントも!
受付には吉乃ルナさんかお手伝い下さり、スムーズなご案内と素敵な笑顔を振りまいてくれました。イヤリングはハサミなんです、可愛いですよね( ◜ᴗ◝)
音響を作製してくれた鷹取滉平さんは数度の打ち合わせのみでバシッと決めてくれるナイスガイなんです!
照明の南条真沙代さんにはかなり無茶ぶりをしてしまいましたが、限られた設備と時間のなか上手く色味を馴染ませつつハッさせられるソリッドなシーンを創ってくれました。次期領主のシーンでのフランボワーズのような甘く可愛い灯りがとても印象的でした。
チケット兼当日パンフレット(パスポート)はすべてキャストが(主に華奈さんが)丸1ヶ月間掛けて作ったお手製です。
会場までの装飾品、展示物もすべてキャストが仕込みました。


舞台監督の今宮稜正さんが貼ってくれたこちらはダニエル役の柊みさ都さんの瞳↓
場内はアナウンスの怪盗偽シュピーゲルベルヒはカール役の山田亮さんの声。亮さんは銃やナイフなどの小道具も担当して下さいました。
ダニエルの背中の絵はリーゼ役の野村梨々子さんが毎回描き直していました↓
タトゥーもみんなで_〆(。。)カキカキ↓
他にもフライヤーを担当してくれた添野郁さん、映像撮影してくれた日比野線さん、慈善活動の協力を請け負って頂いた東京慈善銀行の松尾さん、広報・予約システムの構築などしてくれたTEAM#BISCOの後藤由香理さん、無謀な挑戦を受け止めてくれたシアター711の皆さん、他にも他にも筆舌に尽きません!
本作品のメインテーマは「欲望」です。
みんな自分の欲望を叶えるために悪いことをします。でも悪いってなんなのでしょう?
みんなが同じように欲望の衝動に身を任せて生きている自由な世界では悪も正義もなくなっちゃいます。だから正義ってルールを決めなくちゃいけない、そんな風に考えてしまいす。
でもちょっと待って。
誰かがルールを設定しなくても本当はみんな分かってることがある。
大切なことがなんなのか知っている、そうでしょう?
観客席からこの物語を観てくださった皆さまと同じように舞台の奥からも観ている瞳があります。優しい眼差しです。
演劇は俳優と『それを観てくれる人間』がいないと成立しないものです。
だからこそその瞬間気づくことがとても多いんです。その発見こそ本当に大切なものなのではないでしょうか。


「群盗=滅罪」千秋楽。
最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

クリム=カルム 一同

クリム=カルム - théâtrale du crime=calme -

「かわいい」×「古典」をコンセプトに新宿発の舞台芸術作品を創るクリエイションチーム、クリム=カルムの公式ホームページです。