次回作WSオーディション開催

温度がぐんっと上がって水しぶきが気持ちいい時期になりました!
夏休みの新宿は人通りも少しゆったり。
でも夏祭りの屋台、浴衣イベントなどは変わらず賑わいを見せています。
「群盗=滅罪」を終えたばかりのクリム=カルムですが、早くも冬公演の準備を始めています。次回の題材は、近代演劇を確立したノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの「小さなエイヨルフ」


原作は、両親の過失で両脚に障害を持ってしまった幼いエイヨルフとその両親のお話で、とても重苦しい家庭劇です。『女性性』を焦点に「夫婦の歪さ」を押し出す演出が多い作品ですが、今回は『結婚』をテーマにした明るい「恋人」のお話にしたいと考えています。原作を知る方にとっては驚愕の嵐になることでしょう。

というのも、私たちは従来のテーマであった女性の社会進出よりも個々のコミュニケーションの方に強い関心を持っており、子供に障害を持たせてしまった罪よりも、人種・性別に対しての生理的な拒否感の方がより原罪的だと捉えているからです。


原作では「リビング→庭→リビング」という三場面構成ですが、一貫して「バスルーム」と変更し、家族⇔社会の関係ではなく、よりプライベートな話題へ落とし込むことに挑戦してみます。

上演構造は前回に引き続き『レイヤー』という概念を採用しました。

個人、俳優としてのその人、演じる役という三枚のレイヤーを操作して、見え方感じ方が演じる側にも観る側にも意外な方向に辿り着くように設計しました。

イプセンに詳しい方、イプセンは知らないけど演劇に関わっている方、初めて舞台を見る方など、事前知識や立場によって「観えるものが変わる」そんな演劇を企んでいます。


演劇は他者との違いを許容するところから始まると言われています。他人との分かり合えなさが前提にあるわけです。しかし、そもそも自分自身の事をどこまでわかっていると言えるのでしょうか。

今回の作品は、そんな自分自身の分からなさから出発して、愛する人との関わり方を通して、『結婚』というものへ辿り着きたいと思っています(^^)b

ワークショップオーディションもまだまだ募集しております!

↓↓↓


オーディション概要

募集配役 全役

WS日時 8月25日(日)、8月27日(火)いずれか一日

開催時間 19時~21時半

開催会場 新宿区スタジオ(詳細は応募者にのみ通知)

参加費用 無料

合否連絡 8月末までに合格者のみにご連絡致します。

お問合せ crimecalme@gmail.com

公式サイト https://crimecalme.themedia.jp/

応募方法 専用フォームからご応募お願いします→ https://ws.formzu.net/fgen/S26611547/

応募締切 2019年8月24日(土)23:59


公演概要

演目 小さなエイヨルフ=罪過

演出 sola

題材 ヘンリック・イプセン「小さなエイヨルフ」

構成 西荻小虎

会場 新宿眼科画廊(東京都新宿区新宿5-18-11)

期間 2019年11月21日(木)~11月27日(水)

稽古期間 2019年10月1日~ 週3日(火・木・日の18時~22時)

稽古会場 新宿区スタジオ


出演条件 演劇公演に3本以上出演経験があり、満20歳~40歳までの事前に取り決めた稽古に全日程参加出来る方。今回は特に自然な演技を求めます。

出演報酬 チケットバック制。11枚目から1枚につき¥500-バック。

注意事項 20歳未満の方は、保護者の同意が必要です。所属事務所・劇団等がある場合、事前に承諾を得てください。

クリム=カルム - théâtrale du crime=calme -

「かわいい」×「古典」をコンセプトに新宿発の舞台芸術作品を創るクリエイションチーム、クリム=カルムの公式ホームページです。